食品衛生法とはどんなものなのか

食品衛生法とはどんなものなのかを説明します。
この法律は食品の安全性の確保のための規制やその他の措置について述べられている法律です。
食品衛生法の中には食品の安全性の確保のために「営業許可」というものがあります。
これは、飲食店などを営む人が都道府県知事の許可を受けなければならないというものです。
なぜ必要なのかというと、飲食店などで出されるものがこの許可を受けていないと、食品の安全性が確保されないためです。
営業許可が必要となるもの業種は32種あり、多くの食品に必要とされています。
また、食品衛生管理者という職種があり、食品を取り扱う工場などに食品衛生管理者を置かなければならないという決まりもあり、衛生管理は徹底されています。
このように食品衛生法とは徹底した衛生管理で、私たち国民の健康の保護を図ることを目的とされた法であります。
つまり、この法は私たちが生きていくうえでとても重要で必要不可欠なものであるものなのです。